文字サイズ

  • S
  • M
  • L

マヴィックのチューブレスってどうなの?②

2017.09.12 Tue

埼玉県 熊谷・籠原・羽生・行田、群馬県 太田・館林でクロスバイク・
ロードバイクをお探しなら、POWER KIDS熊谷店へ。

 
こんにちはパワーキッズ熊谷です。
 

またもマヴィックのチューブレスについてのお話です。
しつこいようですが、それだけおススメなのでご了承ください。
 
 

実際の乗り心地は?

 
御周知の様に、チューブレスは乗り心地がクリンチヤー(チューブ入り)のタイヤより良いとされています。
 
何故か?
以下にまとめてみました。
 
① チューブの形にタイヤが影響を受けないのでタイヤ自体の真円率が高い
② リム打ちパンクの心配が無いので空気圧を低くできる
③ チューブが無いのでタイヤとの摩擦が起こらない
 
まずは① チューブの形にタイヤが影響を受けないのでタイヤ自体の真円率が高い
 
実はチューブは空気を入れると意外とボコボコしています。
 

 
写真は実際に空気を入れた時のチューブです。
波打ってるのが分かると思います。
この形のチューブが、更に高圧に空気を入れた時にタイヤを内側から微妙に形を変えてしまうのです。
 
実際に皆さんも走っていて石や段差のないところで違和感を感じたことはありませんか?
それがチューブによる影響です。
チューブレスはこれがありませんので、本来タイヤが持っている性能を発揮できるのです。
 
② リム打ちパンクの心配が無いので空気圧を低くできる
 
タイヤの空気圧が低い時に起きるリム打ちパンク。チューブレスはこれの心配がありませんので、空気圧を低くできます。
空気圧を低くすると高圧で走ってる時の跳ねる感じが無くなります。空気圧が低いと路面の微細な石、段差、窪みに
対してタイヤ自体が滑らかに吸収してくれるので乗り味が抜群に良くなります。
さらに様々な路面状況にハンドルが影響されない分上半身がよりリラックスでき疲労軽減にも繋がるといった効果もあります。
 
③ チューブが無いのでタイヤとの摩擦が起こらない
 
乗り心地が良いとは少しちがいますが、タイヤの中にチューブがあるとタイヤとチューブの間に物理的な摩擦がなくなります。
これによりチューブレスはダイレクトにパワーが伝達でき、パワーロスがなくなります。
つまり余分を使わずに、より少ない力で長距離走行が可能になります。
 
 

やっぱり試すのが1番!

 

 
当店でキシリウムエリートが試乗出来ます!
是非ご自身で体感して下さい。
 
ご来店お待ちしています。