文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ZWIFTでゲームセンター気分でパワートレーニング!

2018.11.12 Mon

こんにちは、高崎店ふくだです。

今週末の走行会は、11/18(日)中級走行会8:00にお店の前に集合です。

 

紅葉が美しい良い季節になってまいりました。

紅葉が終わるとお寒い季節になりますので、最近、ローラー台のお話もぽろぽろと頂きます。

そんなわけで今日はローラー台でZwiftというゲームをしてみようというお話と、

さらにパワートレーニングに関する基本的な話なども少々。

 

1.ZWIFTってなに?

 

そんなわけで、今回は自宅でゲームセンター気分でローラー台を楽しめるZWIFTのお話を。

ZWIFTとはローラー台と連動するゲームのようなものですね。

シャカシャカこぐと、ゲームの中の人もシャカシャカ進んでくれるわけです。

 

写真は我が家にて、ZWIFTを部屋のテレビで映して遊んでいるところです。

ローラー台でトレーニングするほど熱心でもない女の子でも楽しそうにローラー台をこいでいました。

たまに家族に遊ばせておくと、家庭内でのローラー台への理解がいくらか得られるのでお勧めです。

 

ローラー台って黙々とやるのってつらいんですけど、

ゲーム感覚でモチベーションが上がる。

パワーメーターが無くても、パワー推定をしてくれるのでパワートレーニングが出来る。

・パワートレーニングの勉強をしなくても、トレーニングプランを豊富に用意してくれている。

・最近流行のFTP(1時間頑張れるMaxのパワーのこと)の計測テストなんかも、ボタン一つでスタートしてくれる。

などなど。

冬の間にローラーを頑張りたいという方には是非オススメでございます。

 

2.ローラー台とか何が必要なの?

 

ZWIFTをするためには、3つのアイテムが必要です。

1、ローラー台。

2、データをコンピューターに飛ばすためのアイテム。スピードセンサーなど。

3、iPhoneかパソコンか、ZWIFTを動かせるアイテム。

順番に見ていきましょう。

 

1のローラー台については、ZWIFTなんかと接続する専用のものをスマートトレーナーと言います。

スマートトレーナーの場合、ローラー台からデータを飛ばしてくれるので、『2、データをコンピューターに飛ばすためのアイテム』は不要です。

昔ながらのローラー台も、データを飛ばすアイテムさえ使えばZWIFTで遊べます。

スマートローラーはゲームの世界で登り坂になると、ローラーの負荷も自動で重くなってくれます。

まさに自宅がゲームセンター、リアルWiiフィットネスロードバイクバージョンとでも言いましょうか。

まあ、すごいです。

 

とりあえず、欲さえ言わなければどのローラーでも遊べます

 

2のデータを飛ばすアイテム

スマートトレーナー本体で飛ばすか、スピード+ケイデンスセンサーで飛ばすか、パワーメーターで飛ばすかになります。

スピード+ケイデンスだけでも、使っているローラー台のメーカー、機種を選ぶと推定パワー値を計算してくれます。

パワーメーターがなくても安心です。いくらか誤差は出ますが、トレーニングで使う分には問題ないでしょう。

現在販売していローラー台であればほとんどが対応しています。詳しくはZWIFTのHPでチェックしてみて下さい。

 

ちなみに、データを飛ばすアイテムはパソコンやiPhoneに飛ばすのでBluetooth対応のものが楽です。

少し古いものだとAnt+になりますが、

Ant+の場合、Ant+受信機を別途買う必要があります。

 

3のパソコンやiPhoneなどの受信機についてですが。

Androidはまだ完全対応じゃないようですね。

パソコンかiPhoneにZWIFTのアプリを入れればOKです。

 

個人的にはiPhoneが起動が楽で便利だと思っています。

iPhoneだけですと、画面が小さいですから、iPhone+Amazon fire TVという組み合わせでテレビにミラーリングしています。

(Amazon Fire TVは5000円くらいで買えて、テレビにさすとネットフリックスで映画が見れたり、ダゾーンでローバイクのレースも見れたりアレコレ出来る優れものです。ミラーリングするにはAirPlayという300円のアプリを入れると簡単です)

 

3.パワートレーニングって何?

 

ZWIFTの優れている点はいくつかあるのですが、

とにかくパワーメーターなしでもパワートレーニングが出来るっていうのは画期的です。

スピードと使っているローラー台の機種から推定値を出してくれ、

そして、トレーニングメニューがとにかく豊富です。

 

上の写真のようにかかる時間数とパワーのグラフが出ます。

ぽちっと押すと、もう少し詳しい説明、難易度なんかが出ます。

 

パワーや心拍を使ったトレーニングっていうのは、理論を学ぶのが結構大変なんです。

そして、そういう理論なしで漠然とローラー台練習していても効果が薄いんです。

せっかくやるならちゃんとしたメニューでやらないと勿体ないです。

そういう意味でZWIFTみたいにトレーニングメニューを組んでくれているって、

本当に素晴らしいんです。

 

とりあえずは、30分のJohn’s short mixというメニューが時間も手ごろで、バランスよく鍛えてくれるので鉄板です。

 

トレーニングを開始するとこんな画面になります。

赤〇は今のパワーですね。

黄色〇は「ウォームアップです、51Wで3分頑張りましょう」ということですね。

緑〇は今の3分のウォームアップの次、「〇Wで〇分頑張りましょう」のリストですね。

このリストを上から順に消化していけばOKです。

 

ちなみに、FTPをはからずに適当に始めるとこんな感じですこぶる低い数字で全くトレーニングになりません。

なので、最初はトレーニングメニューからFTP TESTをしましょう。

FTP=1時間頑張れるパワー、これを基準にトレーニングの強度を決めて行きますので大事な数字です。

 

ZWIFTのFTPテストはフルとショートがありますが、ショートでOKです。

フルのFTPテストは1時間のタイムアタックなので死ぬほどつらいです。

ショートは20分のタイムアタックで、その平均パワーに0.95を掛けるとFTPが計算できます。

ZWIFTのショートテストはアップも含まれているので、

導入してすぐにFTP TESTショートをすればOKです。

 

お店のZWIFTでもFTP計測可能です。試してみたいという方はお気軽にご相談下さい。

 

余談ですが、別のアプリになりますがSTRAVAなんかでは最近の走行履歴を解析してこんなパワーカーブを作ってくれたりします。

(パワーメーターとSTRAVAプレミアムが必要ですが)

FTPは1時間頑張れるパワーでした。

パワーカーブは、10秒なら〇W、1分なら〇W、15分なら……と言った具合ですね。

自分のパワーカーブを手に入れておくと、すこぶる便利です。

 

パワートレーニングの考え方とは、要はこのパワーカーブをより高くしようという考え方ですね。

強いパワーを出しても疲れにくいように筋肉を鍛えていきましょう、と。

 

「心拍、ハートレートとどう違うんですか?」

という質問もよくある質問ですが、

ハートレートは時間差、つまりギアを重くしてパワーを上げても心拍が上がるには少しタイムラグがありますので、

HIIT(high intensity interval training=高強度インターバルトレーニング)なんかで使うのが難しいんです。

ハートレートは体調に左右されやすいという特性もあります。

逆を言うと、体調が悪いときに無理にパワーメーターでトレーニングをすると危険でもありますから、

ハートレートとパワーメーター両方の数字を上手く使うとメリットが大きいです。

要は、ハートレートを出来るだけ上げずに、大きなパワーが出せるようになれば良いわけです。

 

ハートレートやパワーメーターを使ったトレーニングの落とし穴として、

数字だけ良いのに、フォーム、効率が悪くて、実際に走るとあまり速くないということになってしまうことがあります。

やはり実走でしか手に入らないバランス感覚、車体コントロールなんかがあります。

そういう意味では、冬はローラー台よりMTB(マウンテンバイク)の方が良いという意見も御座います。

 

MTBなら冬も楽しめます、雪の中を走りに行くのも楽しいです。

MTBってロードみたいに高速で走らないので、意外と寒さに関しては結構大丈夫です。

僕なんかはトレーニングって苦手でして、楽しいから自転車に乗るっていう乗り方しかしないので、冬はもっぱらMTBです。

今年はZWIFTのおかげでローラー台が楽しそうなので、ちょっとローラー台もするかもしれませんが。

でも、まあ、やっぱり家の中でゲームより、外でMTBで遊ぶ方が楽しいでしょう。

ここまで延々とローラー台の話をしといて本末転倒ですけどね。

ハルヒルのタイムを頑張って上げたいっていう人はローラーを定期的にやるのが効果的です。ローラーは毎日でも出来ますからね。

まあ、この辺は好みです。

 

まあ、アレコレ書きましたが。

冬もちょっとで良いので頑張って乗っておくと、春が楽チンです。

ローラー台でもMTBでも、寒かろうが気合でロードを乗るという形であれ、

まあ、何でも大丈夫です。

まあ、まだ秋ですから、今は紅葉を楽しんでサイクリングに出掛けるのが一番ですね。

 

みなさまのご来店お待ちしています。


WHY POWER KIDS

ALL YOU NEED IS BIKE.
「自転車と共にドキドキの人生を」

自転車には、その人の価値観を大きく変えるほどの力があります。
あなた史上最高のスポーツバイクライフを。
POWER KIDSは商品だけでなく、「ドキドキの人生」をご提供致します。

  • 「最高のご満足」を提供します。

    商品の先にある素晴らしい経験をご提供するために、スタッフ一人ひとりが尽力しています。
    試乗プログラムなど、実際に十分試してからご購入いただけるサービスもご用意しています。
    豊富な知識と経験を持つわたしたちに、何でもご相談ください。

  • 「120%チューニング™」にこだわります。

    POWER KIDSが販売する自転車は、ある意味、最初からフルカスタマイズと言っても過言ではありません。
    7割方組んだ状態の自転車を全て分解し、設計者の意図を汲んだ調整を行なって、また一から組み上げます。
    コストはかかりますが、これが本来のあるべき姿と考えます。

  • 「自転車の喜び」を共有します。

    様々な楽しみ方と喜びがスポーツ自転車には尽きることなくあります。
    わたしたちはその喜びをお客様と共有するため、各店舗で様々なイベントを開催しています。
    ぜひわたしたちと共に、スポーツ自転車を楽しみましょう。

  • 「アフターケア」は万全です。

    POWER KIDSは「売るだけ」ではありません。
    各種点検や、メンテナンスメニュー、様々なサービスをご用意し、お客様のサイクルライフを生涯支えていきます。
    トラブルなども、安心してわたしたちにお任せ下さい。 快適・安全なサイクルライフをご提供します。

  • サポートも充実しています。

    POWER KIDSでは「完成車・フレームセット」をご購入のお客様を対象に、ご納車時の各種レクチャーや、永続的な工賃割引など、各種サポート体制をご用意しております。
    スポーツ自転車をこれから始めるお客様も安心してサイクルライフをお楽しみただけるよう、全力でサポートいたします。