文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

雨のサイクリングフェスティバル

2015.10.12 Mon

 

昨日の埼玉サイクリングフェスティバルにご参加のみなさま、お疲れ様でした!!

予報より長く、そして多く雨の降る中、お疲れ様でした!

 

もう、朝から雨ですよ。予想はしてましたが、モチベーションは流石に下がる・・・

 

DSC_2296

 

なんか、もう出走諦めちゃって、私服に傘で受け付けをされている方々も・・・

 

それでも、僕らはメゲません。

 

DSC_2297

雨天の為開会式が省略されるなか

レインウエアや撥水するウインドブレーカーを着こんでいざ、スタートです。

 

因みに、僕らはロングライドコースを選択しております。

 

course-map

 

約60kmにエイドステーションが6か所、そして、お立ち寄りポイントが2か所。

ちょっと走ったらすぐ足を止めるポイントがあるという、本当にゆるゆるのポタリングでした。

 

市街地の大渋滞を抜けて、熊谷駅ナングチの桜木小学校へ。

ゆったりペースで車間距離を保つのは中々難しいんですよね。

雨も降ってて、思うようにブレーキはコントロールできないし・・・

冷や冷やしながら走ってました。

 

DSC_2299

 

いつもなら15分で着く距離を、1時間かけて最初のエイドに到着!!早速おもてなしを受ける。

僕はこのさわたのちーず大福が個人的に大好きでして、もらってすぐ食べて写真を撮らないという

失態を。(とにかくおいしいんです、エキナカや妻沼の本店へ行ってみましょう)

 

お客様のてのひらで撮影させて頂いて、出発しました。

 

立正大の方面に向かって側道から丘を登り、最初の立ち寄りポイント文殊寺へ。

三人寄れば文殊の知恵の文殊菩薩のお寺さんです。

僕、あるのは知ってましたが、初めて寄りました。立派です。

 

DSC_2300

 

大きい本殿や、門。お寺さんの隣には、文殊そばや知恵うどんなどを販売する小さな商店も。

チェックシートがスタンプラリー形式ですので、ハンコを貰っていざ出発です。

 

そして、また5kmほど下ると、もう森林公園でのエイドステーションです。

え?10km手前でお菓子もらったよ??うどん配るの???

という、率直な感想が頭を過ります。雨も降っているので、とりあえず急ぎめに食べて再出発。

(という言い訳をして、写真を撮り忘れたことを誤魔化す)

 

もう、とにかく、止んだかと思えばすぐまた降り、上着を脱げば寒い、着ると暑いの苦しい状況。

そして、路面状況がずっとウエットかつ、泥まみれでカーボンのホイールしか所有していない僕は

止まれない止まれない・・・。ディスクブレーキなMTBを羨望のまなざしで見つめながら走りました。

 

DSC_2303

 

そして、森林公園からアップダウンを経て、花のきれいな丘に到着。

東松山の大岡市民活動センターに到着。ここまで、約6km。花の香りかと思いきや

肉の焦げる香ばしい匂いがあたり一面に立ち込めているではないですか。

マツヤマ名物、豚のやきとりです。やりとりですけど、豚です。

 

それはそうとて、この梨ゼリーがとっても美味しい逸品でした!

 

DSC_2302

 

梨そのものの味がとてもする、舌触りも梨独特のシャリシャリ感の残った美味しいゼリーでした。

 

このあたりから、天候が安定してきました。路面はウエットのままですが、雨が止みます。

 

DSC_2306

 

吉見百穴まですこーしペースが上がりました、このあたりから、段々テンションが上がってきます。

 

d_provide

 

某有名な温泉の看板を横目に、百穴で写真を撮り、いちごみるく饅頭といちごのタルトを食べました。

甘いモノとしょっぱいモノを交互に提供する、セオリー通りの食べさせ方。

味が変わると、食べ物が喉を通ります。もう、確実に消費カロリーより摂取カロリーのが高いという(笑)

 

そして、最後に荒川の土手に向かって、一山超えて、帰路につきます。

 

DSC_2308

 

途中、お寺さんに寄りつつも、トレインが速い速い。

 

DSC_2312

この高速トレインに乗って最後のエイドステーションに向かいます!

なんと、最後のご飯はカレーです。胃もたれしそうです(笑)

 

DSC_2313

 

それでもこの通り、長蛇の列。

 

DSC_2315

 

奥で、コロッケをその場で揚げてます。何やらとてもいい匂い・・・

僕も匂いに負けて、ペロリと完食。コロッケがとても美味しかったです。

 

最後は晴れて温かくなりました。気持ちよく皆さんで走行し、ゴールです!

 

先導者の人が、「ゴールは抜いていいよ!」

なんて、手を挙げて煽ってくれるもんですから、スプリント合戦ですよ。

 

スパッと、ゴールゲートくぐって終了。

日が傾いていましたので、ちょっと黄昏た雰囲気の写真をここで一枚。

 

DSC_2318

 

終わりよければすべてよし、天候も回復し、いいペースで走れて気持ちよく終われました。

 

また、いろいろなイベントをチェックしますので、みなさんで参加できそうなモノがありましたら

企画したいと思います!!

 

雨の為、急きょ参加人数が減ってしまいましたが、皆様とワイワイ楽しく出来そうなイベントを

たくさん企画できるよう、これからもがんばりますので、よろしくおねがいします!

 

以上、2015埼玉サイクリングフェスティバルのレポートでした!

 

 


WHY POWER KIDS

ALL YOU NEED IS BIKE.
「自転車と共にドキドキの人生を」

自転車には、その人の価値観を大きく変えるほどの力があります。
あなた史上最高のスポーツバイクライフを。
POWER KIDSは商品だけでなく、「ドキドキの人生」をご提供致します。

  • 「最高のご満足」を提供します。

    商品の先にある素晴らしい経験をご提供するために、スタッフ一人ひとりが尽力しています。
    試乗プログラムなど、実際に十分試してからご購入いただけるサービスもご用意しています。
    豊富な知識と経験を持つわたしたちに、何でもご相談ください。

  • 「120%チューニング™」にこだわります。

    POWER KIDSが販売する自転車は、ある意味、最初からフルカスタマイズと言っても過言ではありません。
    7割方組んだ状態の自転車を全て分解し、設計者の意図を汲んだ調整を行なって、また一から組み上げます。
    コストはかかりますが、これが本来のあるべき姿と考えます。

  • 「自転車の喜び」を共有します。

    様々な楽しみ方と喜びがスポーツ自転車には尽きることなくあります。
    わたしたちはその喜びをお客様と共有するため、各店舗で様々なイベントを開催しています。
    ぜひわたしたちと共に、スポーツ自転車を楽しみましょう。

  • 「アフターケア」は万全です。

    POWER KIDSは「売るだけ」ではありません。
    各種点検や、メンテナンスメニュー、様々なサービスをご用意し、お客様のサイクルライフを生涯支えていきます。
    トラブルなども、安心してわたしたちにお任せ下さい。 快適・安全なサイクルライフをご提供します。

  • サポートも充実しています。

    POWER KIDSでは「完成車・フレームセット」をご購入のお客様を対象に、ご納車時の各種レクチャーや、永続的な工賃割引など、各種サポート体制をご用意しております。
    スポーツ自転車をこれから始めるお客様も安心してサイクルライフをお楽しみただけるよう、全力でサポートいたします。