文字サイズ

  • S
  • M
  • L

トライアスリート 三種の神器!

2013.03.25 Mon

TOPICS

皆さんこんにちは。

エントリーしましたっ!!榛名湖リゾートトライアスロンin群馬。略して、はるトラ。
トライアスロンは4年ぶり。色々不安要素はありますが、一歩一歩ゴールに近づく感覚を楽しみたいと思います!
BMI値別のクラス分け希望。高崎店・中村です(;´▽`A“
群馬もトライアスロンが熱い!!
5月には渡良瀬遊水地で選手権大会が
7月は榛名湖リゾートトライアスロンが開催されます。
今日は、そんなトライアスリートの三種の神器をご紹介しましょう!!

sannsyu.JPG
①オープンウォーター用ゴーグル
②レースベルト
③結ぶ必要のない靴紐

①オープンウォーター用ゴーグル
   アクアスフィア・カイエン ¥2,900
kayenne.JPG
トライアスロン最初の種目は、スイムです。
ほとんどのレースの場合、オープンウォーターと呼ばれる、すなわち【自然の水溜り】で泳ぐことになります。
自然の水溜りは、(当たり前ですが)プールのような底のまっすぐに引かれたラインはなく、水もキレイだとは限りません。
トライアスロンのゴーグルは、視野の広い物がオススメ。
そして、オープンウォーターはレンズの色にもこだわって欲しい。
真夏のギラギラ太陽の下で、透明レンズは目をやられます。反対に、透明度の低い水中で暗いレンズは視界を確保できません!
カイエンは、目とレンズの距離を近くしたことで、視野を広げています。
競泳用のゴーグルとはまた違う、オープンウォーター用のゴーグルなんです。
私も愛用中。シリコンがやわらかく、パンダ目にもなりにくいので、オススメです!
↓カイエン記事
②レースベルト
   2×Uレースベルト ¥1,500
NOberuto.JPG
スイムから上がってくると、ウェットスーツを脱ぎ、トライアスロンウェアなどの姿になります。
ヘルメットをかぶって、次はバイク!
トライアスロンでは、バイクでは後(腰)で、ランでは前(おなか)で、ゼッケンが確認できるようになっていることが基本ルールです。
ウェアに安全ピンなどで前後のゼッケンを留めておいてもいいのですが・・・。
このレースベルトがあると、とっても便利~。
一枚だけゼッケンを取り付けておいて、バイクの時は後に、ランになったらくるっと回して前にゼッケンを持ってくればOK!
※ただし、レースによっては、前後2枚を確実に装着しなければならないルールもあるので、必ず確認が必要です。
③結ぶ必要のない靴紐
   エクステネクス  ¥2,100~
xtenex.JPG
スイムでバランスをとるために働いたふくらはぎ、バイクで必至こいてペダルを回した脚は、すでにこの段階で、想像以上に疲労しています。
バイクを終えて、ランにトランジットする際、バイクシューズからランシューズに履き替えます。
このタイミングで、足を攣る人が多いです。(|||ノ`□´)ノ!!アウ!!
ランニングシューズには、すばやく履き替えたいところ。
タイムを狙っていないとしても、できるだけタイムロスは避けたいです。
解いてあるランニングシューズの紐を、締め付けて調整して~、結んで~・・・なんて、悠長なこと・・・・・。
やってもいいんですけどね^-^;
エクステネクスはゴム紐だから、最初から締め付け調整してある靴に脚を入れるだけ!
スムーズなトランジットの為の必須アイテムです!もちろん私も愛用中♪

↓エクステネクス記事

年々、トライアスロンに挑戦する人