文字サイズ

  • S
  • M
  • L

MAVICのチューブレスホイールとは。

2017.09.21 Thu

みなさん、こんにちは。

MAVICが開発したチューブレスホイールKSYLIUM ELITE USTが入荷したので今日はこのMAVICのチューブレスホイールについてです。

mavic ksylium elite ust yellow mavic ksylium elite ust red

MAVIC KSYLIUM ELITE UST ¥91,800(税込)

タイヤ:MAVIC YKSION PRO UST

 

まずはそもそもチューブレスホイールとは?というところからお話しします。

チューブレスホイールとは?

ホイールとは車輪のことです。画像の黄色く囲んだ部分。

Exif_JPEG_PICTURE

ホイールの外側にはタイヤがあります。

TREK_DOMANE_SL5_4

ホイールとタイヤの取り付け方法によって大きく分けると①クリンチャー②チューブラー③チューブレスと3つ種類があります。チューブレスのホイールならチューブレスホイール、タイヤならチューブレスタイヤと呼びます。

チューブレスとクリンチャーの違い。チューブレスの長所とは。

クリンチャーはクリンチャーホイール、クリンチャータイヤ、チューブ、リムテープで構成されます。(MAVICのようにリムテープを必要としないクリンチャーホイールもあります)。ロードバイクに乗っている方の多くはクリンチャーを使ってらっしゃると思います。

bontrager チューブ

 

いっぽうチューブレスはチューブレスホイールとチューブレスタイヤだけ。チューブもリムテープも必要としません。

回転性能に大きくかかわる外周部の重量が軽いので走りが軽くなる。

空気圧を低くできるので乗り心地が良い。

グリップ力と安定感が高い。

パンクしても一気に空気が抜けにくい。中にチューブを入れればクリンチャーにして走ることができる。

真円率が高い。

タイヤとチューブの摩擦抵抗がない。

など多くの長所があります。自動車もチューブレスです。

 

 

しかし短所がありました。

かつてのチューブレスはタイヤの脱着などが大変だった。

チューブレスタイヤは空気保持のためにチューブレスホイールとチューブレスタイヤが密着している必要があります。

ホイールメーカーはどのメーカーのタイヤを嵌めてもタイヤが外れないように少し大きめに作り、タイヤメーカーはどのホイールに対しても外れないように少し小さめに作ります。なのでチューブレスのタイヤの脱着は固く、男性でも大変な作業でした。

 

 

MAVICのチューブレスはタイヤの脱着が簡単にできるようになった!

MAVICのチューブレスロードバイクホイールはホイールとタイヤの双方を緻密に設計することでタイヤの脱着が大変というチューブレスの短所を解消した画期的なチューブレスです。ホイールとタイヤの両方を設計しているMAVICだからこそ実現できたホイールです。

mavic ksylium elite ust yellow mavic ksylium elite ust red

 

ビートが簡単に上がる!

かつてのチューブレスで大変だったこと。それはビートを上げることでした。ビートとはタイヤの一番端の部分のことを指します。

MAVICのチューブレスはホイールとタイヤを緻密に専用設計しているため、携帯ポンプでビートが上がります。

 

女性も脱着できるチューブレス!

チューブレスは女性にこそ使ってほしい長所をたくさん持っているシステムですがかつてのチューブレスは男性でも脱着が大変でした。

ではMAVICのチューブレスはどうなのか!?

私もさっそく挑戦してみたところ、クリンチャータイヤよりちょっと固いくらいの感覚でした。いったんコツをつかむと初めて脱着してみた時より脱着しやすくなります。ちょっと固いくらいで使うことをあきらめるにはもったいないくらいの長所があるのでチューブレスレクチャーでコツを学んでぜひ脱着できるようになっていただきたいと思います。

 

空気入れが楽!

タイヤの脱着の他にも女性にとって良いことがあります。それは空気圧が低いこと。

クリンチャーの場合、空気圧は6BAR半ば以上、9BAR未満くらいまでが空気圧の範囲です。高圧まで入れるので女性にとってはなかなか力がいります。MAVICのチューブレスは5BAR~7BARの範囲なので1BAR以上下限の空気圧が下がるのです。このことが乗り心地の向上だけでなく、高圧まで入れる必要がないので女性にとって空気入れが大幅に楽になります。

 

チューブレスレクチャーでチューブレスを理解しよう!

POWER-KIDSでMAVICのチューブレスホイールをご購入いただいた皆さまにはタイヤの脱着方法やもしパンクした時の対処方法についてご希望の皆様にはもれなくスタッフがレクチャーをしてお渡しします。

初級メンテナンス講座

 

違いは体感するのが一番!

試乗車として、MAVICのクリンチャーホイールAKSIUMを装備している完成車と同じ仕様のCAAD12 105と、チューブレスホイールKSYLIUM ELITE USTを装備させたCAAD12 105をご用意しました。ホイール以外は同じ仕様なのでホイールがチューブレスに変わると走りが変わることを試乗してぜひ体感してください(^^♪

mavic ksylium elite ust red

※ご試乗の際は必ずスタッフにお声がけください。

身分証明書をお預かりさせていただく場合がございます。

未成年の方は保護者同伴とさせていただきます。