文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

100kmチャレンジライド、ルート案内、服装、持ち物など。

2018.12.07 Fri

こんにちは、高崎店ふくだです。

 

2019年1月13日(日)に開催する『初めての100kmチャレンジライド』のルートや服装、持ち物についてのお話です。

現在参加受付中です。

イベントの概要、参加方法、詳しい地図などはコチラをどうぞ。

 

ルートについて

今回のイベントは、基本的にサイクリングロードを走って100kmを行くというルートになるのですが、

100kmという距離になりますと、速度差もありますし、休憩のタイミング、トイレのタイミングなどの理由から、

全員でずっと同じグループで走るというのは難しいです。

 

ですので、各自のペースで、各自で地図をチェックして走ってもらう形になります。

走っていると自分と同じくらいのペースの人が数人出来ますし、不安な人は詳しい人についていけば大丈夫です。

(スタッフは一番後ろの初心者のグループに付く予定ですので、心配な人はゆっくりグループに入ってください)

 

途中、迂回しての昼ごはんを食べたり、コンビニで補給するなどは自由にして頂いて大丈夫です。

伊勢崎周辺か、速い人だと前橋くらいでちょうどお昼ご飯時になると思いますので、

サイクリングロードからそんなに離れていないお店で昼ご飯を食べるか、

お弁当などを買ってサイクリングロードわきのベンチでのんびり食べてもOKです。

 

基本はサイクリングロードで、路面状況などに応じて迂回、別の道を使うのはOKとします。

 

サイクリングロードが途切れる区間について

また、途中、サイクリングロードが途切れる区間が二つあります。

この区間については、オススメルート自体はマップで提示しますが、道が一本ずれるなどは問題ないですので、分かりやすい道で走って頂ければ結構です。

 

1.前橋 桃ノ木川~利根川

前橋市街地、17号線近くで桃ノ木川自体が終わります。利根川までつながっていません。

桃ノ木川終点まで行って17号で利根川を渡ってサイクリングロードに入ってもOKです。

その一つ南の上毛大橋を渡ってサイクリングロードでもOKです。(ルートラボはこのルートにしておきます)

あるいは途中から桃ノ木川のサイクリングロードが細く走りにくくなる辺りから敷島公園に行って、利根川の東側の道路を坂東橋を渡って利根川サイクリングロードに入る方法でもOKです。

分かりやすいところで利根川を渡ってサイクリングロードに入って下さい。

 

2.高崎 利根川~井野川 or POWER-KIDS高崎店

最後、利根川を南下してきてPOWER-KIDS高崎店に戻るところもサイクリングロードから外れる形になります。

車道慣れしている人なら、他にも利根川から井野川に戻るルートはありますので、お任せします。

車道を走るのを慣れている方は17号でもOKです。ただ、交通量もありますし車道に慣れていない人は少々怖いと思います。

少し遠回りになりますが、北関東自動車道まで利根川サイクリングロードで行って、井野川サイクリングロードに行く道が一般道区間が少なく歩道も広く安心かと思います。(ルートラボはこの道になっています)

 

高崎~伊勢崎(高崎伊勢崎自転車道)

まずは高崎伊勢崎自転車道を使って伊勢崎まで行きます。

伊勢崎に着くまでサイクリングロード近くにコンビニなどが少ないので、トイレなどは早めにしておくと無難です。

 

距離はさほどでもないのですが、

井野川→烏川→利根川→広瀬川

と四つの川が切り替わっていきます。

川が変わるスポットでサイクリングロードが分かりにくくなることがありますので、注意が必要です。

 

まず最初は高崎店を出たら、井野川のサイクリングロードに入ります。

当店の初心者走行会でも使っているルートですので簡単でしょう。

基本的に写真のような看板が立っているので、『伊勢崎』へと進んでいきます。

上の写真は上武大学のところの岩倉橋の手前ですね。橋を渡らず川沿いに行くと新町方面に行ってしまいます。

看板があるところは横着せずに立ち止まって確認していけば間違えることはないでしょう。

 

群馬の森までは井野川沿いに素直に進むだけですが、途中、工事区間があります。(年明けには工事が終わっているかもしれませんが)

工事区間は迂回路の看板があるので、その通りに進みます。

 

群馬の森を抜けて烏川までほんの少しだけ一般道になります。

歩道にこんな感じでガイドの線が引いてありますので、それを頼りにすれば迷うことはないでしょう。

 

烏川から利根川に変わるポイント、五料橋。

橋を渡って伊勢崎を目指してください。

直進して高崎方面=上流に行ってしまうと、走行距離が100kmにならないです。

 

橋を渡ると利根川の走りやすいゾーンです。

島村の渡し船まで走っちゃってください。渡し舟を少し過ぎたところで広瀬川になります。

 

橋を渡る前に左方向(西方向)に少し行くとセブンイレブンもあります。

寒くて疲れている場合、トイレ、コーヒー休憩にしても良いかもしれません。

 

広瀬川に入ってしばらく、サイクリングロードがくねくねして少々分かりにくかったりもします。

路面の『本線』という文字を頼りに伊勢崎を目指してください。

 

伊勢崎市街

伊勢崎市街はサイクリングロードからすぐ近くですので、

コンビニ、レストラン、弁当やなどお昼ごはんにするのも良いかもしれません。

のんびりペースで行くと2~3時間程度かかっていると思います。

次の市街地は前橋の17号近辺になりますので、少々距離もあります。

 

POWER-KIDS伊勢崎店もありますので、時間に余裕があれば寄ってみて下さい。

 

伊勢崎店の近くには『あつあつかあさん弁当』もあります。

とにかくボリューム満点です。

 

向かい風の伊勢崎~前橋区間

伊勢崎市街地辺りで気付くとサイクリングロードが桃ノ木川になっています。

次に目指すのは『渋川』方面ですね。

 

ただ、この区間、冬は特に向かい風になりやすくてツラいんです。

(私が下見に行った日も随分な風で大変でした)

 

基本的にはここまでと同様に看板や地面の文字に従って進んでいくことになります。

 

ただ、前橋市街まで来ると、桃ノ木川サイクリングロードってどんどん細くなってしまって、

最後はサイクリングロードかどうか怪しくなってしまうんです。

そして、最後は桃ノ木川は利根川までつながらずに終わってしまいます。

上記のサイクリングロードがつながっていない区間ですね。

 

そうは言っても、サイクリングロードがつながらない区間はさほど長くないですので、

看板、標識通りに進んで行ってください。

 

利根川サイクリングロード~ゴールまで

利根川サイクリングロードに到着したら、あと少しです。

10kmほど北上して大正橋まで行って、帰ってくるだけです。

 

「いや、もう疲れた!」

「え、でも、それじゃあ下見にならないじゃん」

「でも、疲れた!」

というわけで、今回の下見では大正橋まで行けませんでした。

サイコンの距離は85kmでの終了となりました。

全て走ると100kmちょっとになりますね。

 

ちなみに今回の下見はこんな感じでした。

後半が途中で撤退になっていますね。

 

ロードバイクが得意というわけでもない女の子でも何とか完走できるかな?(今回はちょっと短縮になりましたが)

といった感じですね。

向かい風が吹くとしんどいですね。

朝の9時に出発して、帰宅が16:30頃でした。

実際のイベントでは8:00スタートですので、速い人だと14:00頃、遅い人でも16:00にはゴール出来るでしょう。

 

服装、持ち物について

服装、持ち物についてですが。

当日の気温にもよりますが、寒い日はリュックなどがある方が服を増やしたり減らしたりして対応しやすいと思います。

また、サイクリングロードなので、そこまで速く走れませんので、体温もそこまで上がらない可能性もあります。

普段の短時間のサイクリングよりも、防寒対策を用意しておく方がオススメです。

自転車専用のウェアが一番ですが、暖かいウェアをあまり持っていない人はユニクロのウルトラライトダウンなんかをプラスで持っていくと安心です。

とにかく風で体の末端が冷えますので防寒、防風対策をしましょう。

 

また、寒い日には魔法瓶に温かい飲み物など入れておくのもオススメです。

意外とサイクリングロード沿いって自動販売機って少ないです。

 

おやつは300円以上持ってきても大丈夫です。

一緒に参加している人に休憩中に配ったりすると「良い人だなー」って思ってもらえるでしょう。

あまりたくさん持ってくると荷物になって邪魔ですけどね。

 

長時間のサイクリングの際には、必ず一つはカロリー補給できるものを持ちます。

意外とコンビニって欲しいときにないです。

ようかん一つだけでも良いので、必ず持ってきてください。

2時間に一回程度は何かしら口にしておくと後半がバテにくいです。

 

緊急連絡先、保険証など、もしもの時に必要なものも携帯してください。

 

長時間のサイクリングは後半、体力が減ってきた時に判断力が低下して思わぬ事故になることもあります。

途中での適切な休憩をしながら、無理せずに楽しむのが大事です。

 

その他、気になることがあればお気軽にご連絡下さい。

みなさまのご参加お待ちしています。


WHY POWER KIDS

ALL YOU NEED IS BIKE.
「自転車と共にドキドキの人生を」

自転車には、その人の価値観を大きく変えるほどの力があります。
あなた史上最高のスポーツバイクライフを。
POWER KIDSは商品だけでなく、「ドキドキの人生」をご提供致します。

  • 「最高のご満足」を提供します。

    商品の先にある素晴らしい経験をご提供するために、スタッフ一人ひとりが尽力しています。
    試乗プログラムなど、実際に十分試してからご購入いただけるサービスもご用意しています。
    豊富な知識と経験を持つわたしたちに、何でもご相談ください。

  • 「120%チューニング™」にこだわります。

    POWER KIDSが販売する自転車は、ある意味、最初からフルカスタマイズと言っても過言ではありません。
    7割方組んだ状態の自転車を全て分解し、設計者の意図を汲んだ調整を行なって、また一から組み上げます。
    コストはかかりますが、これが本来のあるべき姿と考えます。

  • 「自転車の喜び」を共有します。

    様々な楽しみ方と喜びがスポーツ自転車には尽きることなくあります。
    わたしたちはその喜びをお客様と共有するため、各店舗で様々なイベントを開催しています。
    ぜひわたしたちと共に、スポーツ自転車を楽しみましょう。

  • 「アフターケア」は万全です。

    POWER KIDSは「売るだけ」ではありません。
    各種点検や、メンテナンスメニュー、様々なサービスをご用意し、お客様のサイクルライフを生涯支えていきます。
    トラブルなども、安心してわたしたちにお任せ下さい。 快適・安全なサイクルライフをご提供します。

  • サポートも充実しています。

    POWER KIDSでは「完成車・フレームセット」をご購入のお客様を対象に、ご納車時の各種レクチャーや、永続的な工賃割引など、各種サポート体制をご用意しております。
    スポーツ自転車をこれから始めるお客様も安心してサイクルライフをお楽しみただけるよう、全力でサポートいたします。