文字サイズ

  • S
  • M
  • L

10万円台オススメロードバイク ~SCOTT SPEEDSTER~

2016.05.09 Mon

みなさん、こんにちは。

ゴールデンウィークは狙ったように快晴が続きましたが、今週の平日はうってかわってグズついた天気が続きそうですね…(´;ω;`)

 

さて、この時期ロードバイクを始める方、興味を持って頂く方が多く、

その中でも「エントリーモデルのロードバイクはどれですか?」という質問を受けることが御座います。

そこで、本日は高崎店でオススメのエントリーグレードの1つをご紹介したいと思います!!!

 

スポーツバイク以外にもウィンタースポーツやランニングシューズの取り扱いあるSCOTT(スコット)。

スキーのストックや、トライアスロンに使われているDHバー(エアロバー)、当時の最軽量カーボンフレームやフルサスペンションマウンテンバイクなども発表するなど技術の高いメーカーです。

今日はそんなスコットのエントリーロードバイク、SPEEDSTER(スピードスター)をご紹介します。

 

 

 

気軽に乗れるフレーム設計

 

SPEEDSTER

 

ロードバイクと聞くと、「前傾がキツくて乗るのに大変そう…。」と思うお客様も少なくありません。

スピードスターの場合、ヘッドチューブと呼ばれるパイプが長いので過度な前傾がかかりにくいようなフレーム設計をしています。

と、いうことはハンドルを握ってても「首や肩にかかる負担が少ない」=「乗っていて楽なポジション」をとることができます。

 

 

まっすぐ走りやすい

 

pwk0000327-1

 

ロードバイクはタイヤが細い分、初めて乗る方の大半はフラついてしまいます。慣れてくれば難なくまっすぐ走れるようになりますが、ロードバイクに乗る時間が少なければ慣れるまでの時間も多くかかってしまいます…。

しかし!スピードスターは他のモデルと違って、ホイールベースといって、ホイールの真ん中から真ん中までが長く設計されているので、前後の揺れやフラつきなどが抑えられるので、まっすぐ走りやすい!

(このことを『直進安定性が良い』とも表現します。)

つまり時間を掛けて慣れなくても、最初から真っ直ぐ走れるような優しい設計をしているということです♪

 

 

エントリーなのにエアロフレーム!?

 

Aero-Alloy-Frame_42433_jpg_mainBanner_1

 

スピードスターのフレームパイプはひとつひとつ特徴的なカタチをしています。このカタチにしている意味は空気抵抗を抑えているという理由です。

空気抵抗を少なくすることで、

 1.楽に加速できるようになる

 2.スピードを維持しやすくなる

 3.風が原因のフラつきを予防してくれます。

普通、エアロフレームというと40万以上が多いですが、スピードスターは10万円台から!と、お値段も実に優しい設定ですね。

 

 

女性用モデルCONTESSA(コンテッサ)

 

SPEDSTERは女性専用モデルもラインナップがあります。

初めてロードバイクに乗る女性でも乗りやすく女性に特化したフレーム設計になっています。ぷらす、他メーカーよりもカラーリングがカッコイイ!(個人差はありますが^^;)

 

 

ジュニア用ロードもラインナップ!

 

SPEEDSTERJR

SPEEDSTERは、なんとジュニア用もあります!

SPEEDSTER JR 24の目安として130㎝~150㎝のお子さん向けのロードバイクとなります。

 

お子様といえば、1年で何センチも身長が伸びるこの時期。購入しても、直ぐに大きくなって買いかえが必要…、なんて感じになってしまう可能性もありますよね?

当店のネットショップでは、SPEEDSTER JR 24のレンタルをしています!

イベントやレースの前後や、試しにうちの子どもに乗せてみたい、という親御さんのご希望にもお応えできるレンタル期間となっています。

詳しくはこちらのページをご参照下さい!

 

一昔前のロードバイクとして楽しもうと思うと20万円以上のバイクが多かったですが、

技術の進歩や、ハイグレードバイクからのフィードバックもあり、10万円台でも充分ロードバイクとして楽しむことができます!

当店では試乗車のご用意もありますので、実際に乗っていただくことも可能です。10万円台といっても決してお安い買い物ではないですよね。そこでぜひ!試乗をして実際にロードバイクの走りを体感して頂ければと思います。