文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

新品タイヤで赤城ヒルクライム!

2019.09.09 Mon

こんにちは、高崎店ふくだです。

赤城ヒルクライムが近くなりましたので、赤城ヒルクライム対策シリーズです。

 

今回はタイヤの話です。

 

その前に今週末9/15(日)の走行会のご案内です。

☆赤城ヒルクライム走行会☆

赤城ヒルクライム大会のコースを走ります。

各自のペースで走り、そのまま流れ解散となります。

集合場所 : 赤城ヒルクライム大会スタート地点(上細井交差点)

日時 :9月15日(日) 6:00集合

担当 : 諸田(伊勢崎店)

持ち物 : ヘルメット、グローブ、ウインドブレーカー等

 

高崎店からはふくだも参加しますので、高崎店のお客様もお気軽にご参加下さい。

赤城ヒルクライムに参加するという方が集まるので、最後の足試しに是非どうぞ。

 

タイヤの話って、実は一行で終わっちゃいます。

『レースの時は古くないタイヤを使いましょう。』

これだけです。

 

タイヤ交換した後って、ぐいぐい走って、なおかつスムーズで、グリップもかかる感じがして良いなって体験したことありませんか?

特にタイヤが古くなってずっと使っている状態から交換すると体感しやすいと思います。

「値段の高いタイヤにしたから良くなった!」

と思っていた人もいるでしょう。

もちろん、タイヤの値段の効果もあるでしょう。

でも、タイヤの鮮度の問題ってかなり大きいです。

 

古いタイヤはゴムがダメになってスカスカで、地面をとらえてくれないんです。

 

逆を言うと、これが出来ていないとそれだけで損します。

一生懸命練習しました!

・軽量なカーボンのハンドル、シートポストにしました!

ホイールも軽くしました!

値段の高いタイヤを使っています!

どれも素晴らしいことですが、

タイヤが古くなっているだけでせっかくのそういう努力が台無しになっちゃいます。

 

秘訣というよりは、当たり前のことなんですけどね。

ヒルクライムレースには古いタイヤで出ると勿体無いです。

 

少なくとも走行距離1000km以内。

可能であれば200km以内のタイヤを用意したいところです。

走行距離が少なくても何年も前に買ったタイヤっていうのも、微妙ですよね。

 

せっかくのレースなので、新しいタイヤで出ないともったいないです。

 

軽いブリジストンの青タイヤあります。

「具体的にオススメのタイヤは?」

っていう話もよくある話ですが。

とりあえず、古くなくて、安すぎなければ、問題ないです。

 

もちろん、ヒルクライムにオススメの軽いタイヤっていうのもあります。

 

ブリジストンの青タイヤはもはやインチキと言ってしまって良いほどの軽さです。

(正式名称はブリジストンのエクステンザR1S ¥6,810-)

23cで145gです。

この軽さはちょっとヤバイです。

パンクには弱いですが、ヒルクライムレースのように距離が限られていて、

レースが開催できる程度に綺麗な路面の道であれば、何とかなります。

 

「レースが終わった後、そのまま普段使いにも使いたい」という人は、

耐パンク性なんかも考慮するとブリジストンの青はイマイチですね。

BontragerのR4なんかはそういう意味では、

レースも行けて、

耐パンク性もしっかりしているから普段履きにも使えて、

優秀ですよね。

重量も23cで175gとすこぶる軽量です。

 

そう、175gでもクリンチャータイヤの中ではすこぶる軽量なんです。

ブリジストンの青は145g。

そう、145gってタイヤとしてヤバイ軽さです。

耐パンク性というデメリットも大きいですが、それ以上に軽さもヤバイんですよ。

 

ブリジストンの青はヒルクライムレースの時にだけ使って、

普段は別のタイヤを使うっていうのがオススメです。

そうすれば、レースの度に新品のタイヤを買わなくても、

レースの度に、タンスにしまってある『勝負のブリジストン青』を取り付ければ良いわけですからね。

 


 

はい、そんな感じでオススメのタイヤっていうのもあるのはあります。

 

でも、はっきり言って、古いタイヤのデメリットと比べると、

タイヤの種類の差なんてものは実に微々たるものなんですね。

 

勝負のブリジストン青だって、古くなってしまえばゴムがスカスカになって路面をとらえてくれないので、

前に進む感じがなくなります。

軽くたって、路面をとらえないスカスカのタイヤはイマイチです。

 

とにかく古いタイヤでレースに出るっていうことは、

とてももったいないことなんです。

 

チェーンの話と似たような話になりましたが。

ロードバイクはとにかく消耗品をきちんと管理するっていうのが大事です。

 

逆を言えば、知っている人にとっては当たり前のことです。

なので、知らないままにきちんと整備をしない、点検をしない、古いタイヤのまま、汚いチェーンのまま、

そういう状態でレースに出る人は物凄く損してしまっているんですね。

 

当店でお買い上げの自転車は、

いつでも何回でも点検無料です。

予約も要りませんので、

気になる方はお気軽に店頭までお持ちください。

 

当店でお買い上げじゃない自転車についても、

「このタイヤってもう交換ですか?」

などの簡単なことについては、無料でチェックいたしますので、

お気軽にご相談下さいませ。

 

気持ちと機材をレース当日にピークに来るように持っていければ、

ヒルクライムレースは自己ベストが出せます。

残り少しですが、赤城ヒルクライム頑張りましょう。

 

みなさまのご来店お待ちしています。


WHY POWER KIDS

ALL YOU NEED IS BIKE.
「自転車と共にドキドキの人生を」

自転車には、その人の価値観を大きく変えるほどの力があります。
あなた史上最高のスポーツバイクライフを。
POWER KIDSは商品だけでなく、「ドキドキの人生」をご提供致します。

  • 「最高のご満足」を提供します。

    商品の先にある素晴らしい経験をご提供するために、スタッフ一人ひとりが尽力しています。
    試乗プログラムなど、実際に十分試してからご購入いただけるサービスもご用意しています。
    豊富な知識と経験を持つわたしたちに、何でもご相談ください。

  • 「120%チューニング™」にこだわります。

    POWER KIDSが販売する自転車は、ある意味、最初からフルカスタマイズと言っても過言ではありません。
    7割方組んだ状態の自転車を全て分解し、設計者の意図を汲んだ調整を行なって、また一から組み上げます。
    コストはかかりますが、これが本来のあるべき姿と考えます。

  • 「自転車の喜び」を共有します。

    様々な楽しみ方と喜びがスポーツ自転車には尽きることなくあります。
    わたしたちはその喜びをお客様と共有するため、各店舗で様々なイベントを開催しています。
    ぜひわたしたちと共に、スポーツ自転車を楽しみましょう。

  • 「アフターケア」は万全です。

    POWER KIDSは「売るだけ」ではありません。
    各種点検や、メンテナンスメニュー、様々なサービスをご用意し、お客様のサイクルライフを生涯支えていきます。
    トラブルなども、安心してわたしたちにお任せ下さい。 快適・安全なサイクルライフをご提供します。

  • サポートも充実しています。

    POWER KIDSでは「完成車・フレームセット」をご購入のお客様を対象に、ご納車時の各種レクチャーや、永続的な工賃割引など、各種サポート体制をご用意しております。
    スポーツ自転車をこれから始めるお客様も安心してサイクルライフをお楽しみただけるよう、全力でサポートいたします。