文字サイズ

  • S
  • M
  • L

新しいコーティングメニュー追加しました!その名も『バリアスコートリキッド』。

2017.02.05 Sun

みなさまこんにちは。

 

ケミカルメーカーで有名なWAKOS(ワコーズ)。

ワコーズが近年力を注いでいるのが「サイクルスポーツ部門」!

イベントや耐久レースではブースを出展し、多くの参加者にケミカルサービスを行っているそうです。

当店でも先日開催しましたヒルクライムイベントに出展頂きました!

 

ワコーズではクリーナーやオイルが人気ですが、特に人気なのがスプレーワックス剤の『バリアスコート』です。バリアスコートはスプレー式なのと二度拭きが必要ないのでお手軽にワックス掛けができる優れもののワックスです。

 

そんなバリアスコートから、バリアスコート“リキッド”が新登場!!!

 

various3

 

こちらは残念ながら販売用としてのご用意では無いのですが…。

新車時のフレームコーティングメニューに追加となりました!

 

バリアスコートリキッド

フレームコーティング(新車時のみ。組み上げ前限定の特別価格)

¥5,400(税込)

 

 

コーティングしてみると…!

 

では早速、バリアスコートリキッドを施工したフレームのビフォーアフターをご覧ください。

 

wbcs_5

 

↑ ビフォー

 

 

wbcs_1

 

↑アフター

 

単品だとイマイチわかりにくいので横に並べてみました。

 

 

wbcs_3

 

左:ビフォー 右:アフター

真ん中でクッキリと別れているのがご覧頂けると思います。

バリアスコートリキッドを施工するとブラックに深み出てここまでクッキリと変わります!

 

 

various2

 

店頭にはフレームをカットしたパイプに施工してありますので、色んな角度から気が済むまでご覧いただけます(*^^*)

 

 

リキッドを施工するとどうなるの?

 

バリアスコートリキッドを施工すると3つのメリットがございます。

 

 1.フレームにコーティングならではの「深み」と「艶」が出ます。

 2.撥水成分を組みあせたトップコートが優れた撥水性をもたらしてくれます。

 3.汚れ落としが楽になります。

 

車も新車時にコーティングするとピカピカで納車されて窓ガラスやボディは雨が降っても雨粒がドンドン流れていきますよね?

スポーツバイクも外を走って排ガスやホコリなどが付き汚れるし、雨や汗、ドリンクこぼれで濡れてしまいます。

バイクにコーティングを施工しておくと、新車時の輝きが続き汚れが付いても落ちやすく、長期間に渡ってキレイな状態を保てます!

 

 

導入キャンペーン実施!!!

 

しかし、コーティングは一生は持ちません。

折角、新車時にコーティングしても「フレームの色がくすんできたなぁ」、「汚れや水滴が落ちにくいなぁ」っと感じるときがきます。

そんなときは、スプレー式ワックスのバリアスコート(別売:¥3,240)を使って磨いて頂くとコーティングがまた復活します。

 

通常であればバリアスコートは別売りなんですが、バリアスコートリキッド導入キャンペーンということで…

今なら新車購入時にバリアスコートリキッドの施工をお選び頂いたお客様には、

別売りのバリアスコート 3,240円分をプレゼント!

キャンペーン期間は2017年2月5日~2017年3月31日迄

 

various1

 

バリアスコートの使い方はいたってシンプル!

スプレー式のワックスなので、汚れたバイクをキレイにしたあとバリアスコートを専用ウエスに吹き付けて磨くだけ!それだけでコーティングが長持ちします。

ちなみバリアスコートはヘルメットやコンポーネントパーツも磨けますので1本持っておくといつでもピカピカな状態で外に乗り出せます!

 

 

 

※ ご注意

 

バリアスコートリキッドに関して、メーカー推奨は『 クリア塗装のみ 』となっております。

マット塗装のバイクをお選び頂きコーティングをご希望されるお客様は別のコーティングメニュー『ガラスの鎧(¥5,400)』が御座いますのでこちらをお申し付け下さい。また、ガラスの鎧にはキャンペーンのバリアスコートは付きませんのでご了承下さいませ。

新車のご購入・オーバーホールの際に、御成約日のうちにコーティングメニューを追加していただいた方は特別価格でコーティングを承ります(¥5,400)。