文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ワコーズのクリーナーってお高いの?

2019.09.30 Mon

TOPICS

こんにちは、高崎店ふくだです。

 

今週末10/6(日)は、パンを食べに行く中級走行会theファイナルです。

7:30にお店の前に集合です。

私の個人的な都合で最終回になり大変申し訳ありません。

最終回でも特別なことはせず、いつも通りのルートですが、良ければご参加下さい。

 

はい、本日はお客様から頂いたご質問、

「ワコーズのクリーナーってお高くないですか?」

という質問について書いてみようかと思います。

 

写真は、いずれもワコーズのクリーナーですね。

①液体パーツディグリーザー

②チェーンクリーナー

③ストロングジャンボ

いずれもクリーナー系のものですね。

 

違いを理解して、うまく使うと非常に便利で、

なおかつ少ない量で掃除が出来るので経済的でもあります。

 

さて、高いかどうか。

はい、ワコーズのパーツクリーナーは他メーカーのパーツクリーナーよりお高いですね。

今のご時世、ホームセンターのオリジナル商品だと298円で売っていることも御座います。

1本で1500円オーバーのクリーナーって高級品と言えば高級品です。

 

じゃあ、どうしてパワーキッズはワコーズのパーツクリーナーを売るのか?

儲け主義の悪いお店なのか?

いえ、答えは使いやすいからです。

初心者からベテランまで使いやすい、他のパーツにダメージを与えにくい。

良い商品なので、僕はワコーズ製品をオススメしています。

 


 

でも、ワコーズのパーツクリーナーがお高いのも事実ですので、上手に使わないと勿体無いです。

 

上手に節約するコツとは、適材適所でクリーナーを使いわけるということです。

 

③の大きいストロングジャンボについては、

サイズは大きいのですが、汚れを溶かす力は強くないです。

揮発性が高いので、汚れを溶かすっていうのは苦手なんですね。

 

その代わり、揮発性が高い=残りにくいというのがメリットです。

初心者の場合、クリーナーで掃除したのは良いけれど、クリーナーが残っていてパーツが傷んだり、

チェーンオイルが弾かれてしまってチェーンの中に入っていないなどの失敗がありえます。

 

その点、③のストロングジャンボは揮発性が高いので、残りにくいんです。

 

なので③のストロングジャンボは汚れを溶かすというより、

ジェットの力で汚れを吹き飛ばすというイメージで使うと非常に便利です。

 

でも、ストロングジャンボだけでチェーンを洗浄しようと思うと、

「たくさん量を使ったのに、中の汚れがあまり落ちない!」

「すぐに一本なくなってしまった!」

という悲劇が起こってしまうことも。

 

①の液体パーツディグリーザーと

②のスプレー式チェーンクリーナーは、

実は中身の液体の成分はほぼ同じものだそうです。

こちらはとにかく汚れがよく溶けます。

その代わり揮発性がないので、すすぎが必要になるのがちょっぴり面倒で難しいポイント。

それでも、とにかく汚れがよく溶ける。

それでいて、他のパーツへのダメージの心配もない。

コレ、本当に素晴らしいです。

ファンタスティックですよ。

 

スプレー式の方が手軽にブシューっと使いやすく。

液体式の方が必要な量だけ、必要なところに塗布しやすい。

そういう違いです。

 

ふくだのオススメは①の液体クリーナー。

ちょっとの量でも、ブラシで塗りこむと、どんどん汚れが溶けます。

チェーンの掃除の場合、ほんの少しキャップに出して、ブラシにちょんちょんと付けてゴシゴシ塗り込めば、

チェーンからどんどん黒い汚れが溶けてきます。

最後に溶けてきた汚れをすすいであげれば感動的にチェーンが綺麗になります。

 

ワコーズの液体ディグリーザーは、

上手く使えば1本で1年くらい持つんじゃないでしょうか。

乗る頻度、掃除する頻度にもよりますけどね。

圧倒的にコスパ良く、なおかつきれいになるアイテムです。

 


 

すすぎについては、

バケツとスポンジで洗い流しても良いですし、

あまり盛大にジャブジャブするのが難しい場合はフォーミングマルチという水性系のクリーナーを使って洗い流してもOKです。

霧吹きに洗剤水入れてすすいでも良いですし。

はたまたコンプレッサーがあってエアーで吹き飛ばせるという人はそれもアリでしょう。

とにかく、ディグリーザーが残らなければどんな方法でもOKです。

 

ポイントはウェス(布)をケチらず使うことですね。

溶かした汚れをゴシゴシふき取ります。

 

すすぎさえきちんと出来てしまえば、液体ディグリーザーは性能、コスパともに最強と言っても差し支えないでしょう。

ホームセンターの298円パーツクリーナーと対決したって、一回に使う量を考えるとコスパでも液体ディグリーザーが勝てるんじゃないでしょうか。

そのくらい優秀です。

 

「すすぎが面倒とか、揮発性が強いから溶けにくいとか、難しいことはわけ分かりません」

そういう人は、お店で有料クリーニングもしています。

 

ちなみにお店でのクリーニングの時も基本的にはワコーズの液体ディグリーザーを使っています。

他のクリーナーもありますが、チェーン洗浄についてはワコーズの液体ディグリーザーが、

・一番短時間で、

・一番楽に、

・一番キレイに、

なりますので。

これから先、他のメーカーからもっといい製品が出れば、そちらを使うでしょう。

ショップとして使う場合、一番効率良く、一番キレイになるものじゃないと、商売になりませんからね。

綺麗になっても時間がかかるモノだと人件費がかさみますし、

簡単でもキレイにならないんじゃ意味がないです。

今のところはワコーズの液体ディグリーザーが優秀ですし、当面そうでしょう。

 

車の洗車と同じで、自分でやれば安く、きれいにする方法もあります。

でも、そういうのが面倒な人はプロに任せちゃうのが良いと思います。

もちろん、自分でやるよりは値段はしますけど、楽ですし、きれいになります。

専門知識も技術も道具も必要ありません。

 

そんな感じで、本日は、

「ワコーズのクリーナーはお高いの?」

という質問への答えでしたが、

たしかに適当に使いまくると、非常にもったいないですが、

上手に使えば、むしろコスパ最強でもある、ということですね。

 

みなさまのご来店お待ちしています。


WHY POWER KIDS

ALL YOU NEED IS BIKE.
「自転車と共にドキドキの人生を」

自転車には、その人の価値観を大きく変えるほどの力があります。
あなた史上最高のスポーツバイクライフを。
POWER KIDSは商品だけでなく、「ドキドキの人生」をご提供致します。

  • 「最高のご満足」を提供します。

    商品の先にある素晴らしい経験をご提供するために、スタッフ一人ひとりが尽力しています。
    試乗プログラムなど、実際に十分試してからご購入いただけるサービスもご用意しています。
    豊富な知識と経験を持つわたしたちに、何でもご相談ください。

  • 「120%チューニング™」にこだわります。

    POWER KIDSが販売する自転車は、ある意味、最初からフルカスタマイズと言っても過言ではありません。
    7割方組んだ状態の自転車を全て分解し、設計者の意図を汲んだ調整を行なって、また一から組み上げます。
    コストはかかりますが、これが本来のあるべき姿と考えます。

  • 「自転車の喜び」を共有します。

    様々な楽しみ方と喜びがスポーツ自転車には尽きることなくあります。
    わたしたちはその喜びをお客様と共有するため、各店舗で様々なイベントを開催しています。
    ぜひわたしたちと共に、スポーツ自転車を楽しみましょう。

  • 「アフターケア」は万全です。

    POWER KIDSは「売るだけ」ではありません。
    各種点検や、メンテナンスメニュー、様々なサービスをご用意し、お客様のサイクルライフを生涯支えていきます。
    トラブルなども、安心してわたしたちにお任せ下さい。 快適・安全なサイクルライフをご提供します。

  • サポートも充実しています。

    POWER KIDSでは「完成車・フレームセット」をご購入のお客様を対象に、ご納車時の各種レクチャーや、永続的な工賃割引など、各種サポート体制をご用意しております。
    スポーツ自転車をこれから始めるお客様も安心してサイクルライフをお楽しみただけるよう、全力でサポートいたします。