文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

(ルート紹介)赤城を旧道で登って沼田に抜けてみるルート

2018.06.14 Thu

こんにちは、高崎店ふくだです。

 

先日、伊勢崎店のメカニックの諸田さんと、

「たまには一緒に走りに行きませんか?」

という話になりまして。

赤城の旧道は行きましたか?」

「いえ、まだこっちに引っ越して半年ですし、そもそも赤城に旧道なんかあるんですね」

というわけで、本日は赤城を旧道から登って沼田に行くルートのお話です。

 

地図の画像を押すと詳しいルートが出ます。

通常、赤城山を登るというと、ヒルクライムレースでも使われる鳥居からのルートです。

そちらが王道です。道も広いし、路面も良い

ただ、静かに淡々と登りを楽しみたい人には今回の旧道は良いですね。

 

全部自走で行くと距離120㎞獲得標高2000m越えとそれなりに走りごたえのあるルートになります。

沼田から帰りは輪行を使って帰ってくるのもアリですね。

そもそも沼田方面に下らないのもアリです。

登りが苦手という人は赤城は登らず車で沼田まで行って、

沼田周辺の望郷ラインなどをのんびりサイクリングするのも良いかと思います。

 

まずは豚のいる牧場を目指します。

今回の地図上では細い道をくねくね行っていますが、

どの道から行っても大丈夫です。

 

林牧場福豚の里とんとん広場っていうところですね。

ちなみにこちらがその牧場のホームページ。

国道353号線沿いです。

 

中では美味しい豚さんが食べられるそうですが、

とりあえず、今回は外にいる豚さんをちょっと眺めて心癒されて進みます。

 

この豚さんのところの近くの三夜沢町の信号から登って行くと旧道へと入って行くわけです。

 

少し登ると赤城神社があります。

赤城神社って頂上だけじゃないんですね。

 

ここを過ぎると道が細くなってきます。

 

途中、展望台みたいなところにて。

道は細くて、割とがたがた。下りではあまり使いたくない道ですね。

車は滅多に来ませんし、自転車もあんまりいません。

赤城を吹く風と木々の揺れる音くらい。

静寂の素敵な坂です。

 

つづら、ツヅラ、九十九と折り重ねて行くと頂上、牛石峠となります。

「頂上だー!やったー!」

「もう一つあるんだよ、まあ、ちょっとだけど」

「えー」

フタコブラクダ系の峠は心が折れます。

 

それでも、フタコブ目はさほどしんどいわけではなかったので一安心です。

八丁峠でいよいよ本当にゴールです。

 

抜けると小沼、山頂駅の方に出ます。

 

山頂駅ではTREK乗りとしてはちょっと嬉しくなるSegafredoの看板もありました。

日本ではあまりSegafredoのコーヒーって見掛けないですよね。

山頂駅は今はサントリーのビアホールだそうですね。

 

諸田さんは昼前から用事があるとのことで、

「じゃあ、後は福田君一人で楽しんで! 沼田に抜けると良いことがあるかもしれないよ!」

というわけで、そのまま沼田方面に行ってみることに。

 

下ったらすぐ沼田に着くのかと思いきや、少々の登りもあったりしつつ。

意外とすぐってほどすぐじゃなかったですが、

かれこれ走っていると沼田に着きました。

 

まあ、沼田は雰囲気が良いですね。

自転車で走って気持ちいいですね。

ロングライドイベントで有名な望郷ラインもありますね。

ちなみに、望郷ラインセンチュリーライドのHPはこちら

今年はもうエントリーが終わってますが。興味のある方は来年参加すると楽しいかもしれませんね。

 

川場村の道の駅の山賊焼きが美味しいという情報をGETしていたので行ってみたのですが、

道の駅というフレーズからは想像できないオシャレ雰囲気スポットで、

ピチピチのサイクルジャージ姿で一人で入る勇気が出ませんでした。

川場村の道の駅のHP

 

川場村の道の駅はまた今度にしまして。

17号沿いの渋川と沼田の間にあるもつ煮が美味しいと噂の永井食堂へ。

 

こっちはこっちで、川場村の道の駅とは逆の方向でびっくりしました。

美味しくておなかいっぱいになれますね。

 

17号は車が多くて走りにくいという方は、川の反対側の敷島なんかの駅の方を走ると比較的車も少なくて楽チンだそうです。

まあ、17号は走っても特に面白いこともないですし、輪行で戻ってくるのも良いですね。

沼田~高崎が30㎞ちょっとですからね。自走でも問題ないですけど、疲れていると楽したいくらいの距離でもあります。

30㎞以上の距離を電車でショートカット出来そうなルートの場合、

困ったときの選択肢として輪行袋を持って行っておいても良いですね。

最後の30㎞が膝が痛くて走りたくないとかって時もありますからね。

 

無理なく楽しくいろんなルートを走れると素敵ですね。

そんな感じの高崎店でした。


WHY POWER KIDS

ALL YOU NEED IS BIKE.
「自転車と共にドキドキの人生を」

自転車には、その人の価値観を大きく変えるほどの力があります。
あなた史上最高のスポーツバイクライフを。
POWER KIDSは商品だけでなく、「ドキドキの人生」をご提供致します。

  • 「最高のご満足」を提供します。

    商品の先にある素晴らしい経験をご提供するために、スタッフ一人ひとりが尽力しています。
    試乗プログラムなど、実際に十分試してからご購入いただけるサービスもご用意しています。
    豊富な知識と経験を持つわたしたちに、何でもご相談ください。

  • 「120%チューニング™」にこだわります。

    POWER KIDSが販売する自転車は、ある意味、最初からフルカスタマイズと言っても過言ではありません。
    7割方組んだ状態の自転車を全て分解し、設計者の意図を汲んだ調整を行なって、また一から組み上げます。
    コストはかかりますが、これが本来のあるべき姿と考えます。

  • 「自転車の喜び」を共有します。

    様々な楽しみ方と喜びがスポーツ自転車には尽きることなくあります。
    わたしたちはその喜びをお客様と共有するため、各店舗で様々なイベントを開催しています。
    ぜひわたしたちと共に、スポーツ自転車を楽しみましょう。

  • 「アフターケア」は万全です。

    POWER KIDSは「売るだけ」ではありません。
    各種点検や、メンテナンスメニュー、様々なサービスをご用意し、お客様のサイクルライフを生涯支えていきます。
    トラブルなども、安心してわたしたちにお任せ下さい。 快適・安全なサイクルライフをご提供します。

  • サポートも充実しています。

    POWER KIDSでは「完成車・フレームセット」をご購入のお客様を対象に、ご納車時の各種レクチャーや、永続的な工賃割引など、各種サポート体制をご用意しております。
    スポーツ自転車をこれから始めるお客様も安心してサイクルライフをお楽しみただけるよう、全力でサポートいたします。