文字サイズ

  • S
  • M
  • L

ダブルライトで明るく路面を照らす。

2018.01.30 Tue

こんにちは、高崎店ふくだです。

 

「どのライトがオススメですか?」

「夜に結構走るんですけど、何か良いライトないですか?」

そんな話を時々聞かれます。

答えはずばり、ダブルライトです。

 

27331585_1669152956505272_4499049514796321719_n

私の通勤に使っているロードバイク。

レースからロングライド、通勤まで基本的に同じロードバイク一台でやってるんですが。

ダブルライトです。

 

以前はもっと強いライトも使っていたのですが、

引っ越しなんかしてる内になくしてしまったので、

最近は5000円くらいのものを2本使っています。

 

5000円くらいのライトって、単体で使うとそんなにめちゃくちゃ明るくないんですけど、

2本使うとライトが重なっている部分ってかなり明るいんです。

 

一本は下側の近い場所を狙って、もう一本で遠く。

あるいは、一本は点滅で自動車に対してアピール、もう一本は点灯で路面を照らす。

はたまた、一本が電池切れになっても、一本で走れる。

いろいろと便利なわけです。

 

それにしても、なくしてしまった強いライトが出てきてくれて、

今の装備に組み合わせて使うと、

夜通し走るロングライドなんかでも安心なんですけどね。

どこ行っちゃったんでしょうね。

 

27331821_1669152946505273_789967769910424865_n

ライトもあれこれありますが、

クロスバイクやロードバイクの速度できちんと地面を照らそうと思うと、

それなりの明るさが必要になります。

あくまで目安ですが、4000円ちょっと出せば、それなりに路面が照らせます。

ロードで1時間くらいの通勤となると8000円前後くらい、

あるいは明るければ明るいほど安心ですね。

 

基本的にはフロントライトの明るさは値段相応ですね。

 

27539965_1669152949838606_1561177767474687270_n

後ろのライトもピンきりですが。

近年の人気はBontragerのFlare Rが人気です。

とにかく明るいテールライトですね。

デイライト、日中でも目立つというのが謳い文句ですが、

実にこのライトは明るいですね。

 

ちなみに、このFlare R、発光パターンがうまく切り替わらないというお問合せが時々あるのですが。

電源ボタンと12秒間長押ししてみて下さい。

最近製造されているものは、アンビエントモードというものが追加されているようで、通常5種類の発光パターンなのですが、アンビエントモードですと3種類しか発光しなくなります。

ちなみに、初期のものは4種類の発光パターンです。

 

ちょっと複雑な機能がありますが、

まあ、とにかく明るい、後ろからの追突の心配がぐっと減る、

素敵テールライトなわけです。

おすすめです。

 

まだ寒いので夜は走りたくないですけど、

暖かくなったらナイトランなんかもしたいなと。

春を待ちます。

 

そんな感じの高崎店でした。