文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

アフリカから戻ってきました。

2017.12.10 Sun

こんにちは、高崎店ふくだです。
以前、東京の昭島店にいましたが、アフリカを走りに行っていまして、本日からPOWER-KIDS復活です。
高崎のみなさま、よろしくお願いします。

アフリカから帰ってきたということで、今日は少しアフリカの写真でも。

IMGP2924
一口にアフリカと言っても広いのでいろいろあります。
こちらはタンザニア。
絵にかいたような美しいハイビスカスとサバンナっていう雰囲気の大地です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

村ではこんな民家のような定食屋のような場所でおひるごはんを食べたりします。
アフリカを自転車で走る上で現地のご飯を食べられるって一番大事です。
何せ自転車にとって、ごはんはガソリンです。
観光地は観光客向けの店もありますが、自転車では村で過ごすことが大半です。

小さい村ではご飯を食べるところにしても、「レストラン」などの看板も出ていませんし、
冷蔵庫もないのでお肉は常温保管、ハエがぶんぶん飛んでいて、鶏が足元を走り回っていたりと、
最初はカルチャーショックでビクビクですが、
基本的にみんな良い人ですし、自転車ならではの村での交流って楽しいです。

 

Exif_JPEG_420

こちらの写真はボツワナの村にて。
宿がない村だったので、テントを張らせてもらおうとしたところ、近所の子供に囲まれました。
ボツワナは集落の間が基本的に50㎞以上離れている上に、村から離れると象が歩いています。
そんなわけで誰も自転車を持っていません。
自転車自体非常に珍しいんでしょうね。

村で野宿するときは適当な人に声をかけて、
「すみません、自転車で旅してるんですけど、今夜だけこの村でテントを張らせて欲しいんです」
と話しかけてみたりします。

ボツワナでは警察の裏や、警官の家の隣なんかで野宿させてもらえることが多かったですね。

はい、一口に言えば、アフリカ、楽しかったです。
自転車って楽しいな、としみじみ思いました。
しんどいことの方が多かったですけど(笑)
自転車って良い乗り物ですよね。

そんなわけで、パワーキッズに戻って参りました。
楽しい自転車を提案出来る自転車屋さんになりたいです。
みなさま、よろしくお願いします。

そんな感じの高崎店ふくだでした。


WHY POWER KIDS

ALL YOU NEED IS BIKE.
「自転車と共にドキドキの人生を」

自転車には、その人の価値観を大きく変えるほどの力があります。
あなた史上最高のスポーツバイクライフを。
POWER KIDSは商品だけでなく、「ドキドキの人生」をご提供致します。

  • 「最高のご満足」を提供します。

    商品の先にある素晴らしい経験をご提供するために、スタッフ一人ひとりが尽力しています。
    試乗プログラムなど、実際に十分試してからご購入いただけるサービスもご用意しています。
    豊富な知識と経験を持つわたしたちに、何でもご相談ください。

  • 「120%チューニング™」にこだわります。

    POWER KIDSが販売する自転車は、ある意味、最初からフルカスタマイズと言っても過言ではありません。
    7割方組んだ状態の自転車を全て分解し、設計者の意図を汲んだ調整を行なって、また一から組み上げます。
    コストはかかりますが、これが本来のあるべき姿と考えます。

  • 「自転車の喜び」を共有します。

    様々な楽しみ方と喜びがスポーツ自転車には尽きることなくあります。
    わたしたちはその喜びをお客様と共有するため、各店舗で様々なイベントを開催しています。
    ぜひわたしたちと共に、スポーツ自転車を楽しみましょう。

  • 「アフターケア」は万全です。

    POWER KIDSは「売るだけ」ではありません。
    各種点検や、メンテナンスメニュー、様々なサービスをご用意し、お客様のサイクルライフを生涯支えていきます。
    トラブルなども、安心してわたしたちにお任せ下さい。 快適・安全なサイクルライフをご提供します。

  • サポートも充実しています。

    POWER KIDSでは「完成車・フレームセット」をご購入のお客様を対象に、ご納車時の各種レクチャーや、永続的な工賃割引など、各種サポート体制をご用意しております。
    スポーツ自転車をこれから始めるお客様も安心してサイクルライフをお楽しみただけるよう、全力でサポートいたします。