文字サイズ

  • S
  • M
  • L

もうすぐ年末。自転車も安全運転をお願いします。

2017.12.03 Sun

みなさん、こんばんは。

もうすぐクリスマス、そして年末年始ですね。今年もイルミネーションが綺麗です(*‘ω‘ *)🎄今日は事故に遭わないためにできる工夫をご紹介します。師走と書くみんな忙しい時期ですから皆さん安全運転で走りましょう。

前後にライトを点灯させよう!

日没後は自転車の前と後ろにライトを点けましょう。ライトを点けている自転車はどこにいるかすぐわかりますが、ライトが点いていないと自転車がいるのかどうかさえわかりにくいですよね。スポーツ自転車は速いですからできるだけ早く車のドライバーや歩行者に気づいてもらえるようにライトを点けて目立ちましょう。反射板よりも発光するライトのほうが圧倒的に目立つのでおすすめです。

フロントライト ライト lezyneリアライト ライト bontrager

ライトの色は前が白で後ろは赤と決まっています。この色を逆にしてしまうと、本当は近づいてきているのに遠ざかっていると周囲の人に錯覚させかねず大変危険なのでライトを取り付ける時は間違えないようにしましょう。車も前は白で後ろは赤ですよね!車と同じと思えばわかりやすいかもしれません。

BONTRAGER デイライト FlareR フレアR 実力を検証

反射板を身につけよう!

ライトと併せて反射テープを身につけると車のライトで光が反射して周囲から気付いてもらいやすくなります。この写真のマネキンのように腕か脚に巻いたり、長い反射板なら上半身にたすき掛けにするという方法があります。反射ベストもありますね。巻く場合は車道側の腕または足に巻くと車からよく見えます。お散歩の方やランニングの方にもオススメの方法です。

反射板 bontrager 3

手にライトを持って歩こう!

これはお散歩やランニングの方におすすめの方法です。手にライトを持って歩くと手が自然に揺れるのに合わせてライトの光が動くので歩行者がいることに気づいてもらいやすくなります。ライトの光が車のドライバーの皆さんの目線に入らないように、ライトは下向きに持ってあげると良いかもしれません。下向きだと地面を照らしていることになりますが周囲から光がよく見えています(^^♪

フロントライト bontrager ion2