文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

サイクルコンピューター、BluetoothとかAnt+とか。

2018.01.22 Mon

CATEGORY

こんにちは、高崎店ふくだです。

 

最近、サイクルコンピューターやセンサーに書かれているBluetooth SmartやAnt+という文字について、

「これって何?」

「結局何を買えば使えるの?」

「CateyeやらBontragerやGarminやLezyneいろいろメーカーがあるけど、どれが良いの?」

違うメーカーのコンピュータセンサーを組み合わせても使えるの?」

といったご質問を頂きました。

 

今回はそんなサイクルコンピュータのBluetooth SmartとAnt+なんかのお話を。

 

27066809_454753864922387_5826863893469827076_n

これですね。

確かにぱっと見ると「この記号何?」ってなります。

これは電波方式のことなんです。

 

基本的に現在あるサイクルコンピュータは大きく分けて4つです。

①Ant+対応のもの

②Bluetooth Smart対応のもの

③Bluetooth SmartとAnt+両方に対応しているもの

④コンピュータにセンサーが付属していて、その組み合わせだけでしか使えないもの

 

さて、Ant+やらBluetooth Smartって何?っていう話ですね。

 

sennsor

自転車の時速やケイデンス(ペダルの回転数)をコンピュータで表示するには、

センサーでホイールやクランクの回転数をキャッチしまして、

電波で飛ばしまして、

・コンピュータに時速なんかが表示される。

という3つのステップを踏んでいます。

 

この時に、飛ばす電波の種類が重要になるわけです。

同じ規格の電波のセンサーとコンピュータを使わないといけませんね。

「コンピュータを買い替えたんだけど、前のセンサーと電波が違うから使えなくなっちゃった」

というのは非常にもったいないわけです。

 

 

26908079_454753861589054_4884858644045126319_n

そこで現れたのが、電波の統一規格というわけです。

Bluetooth SmartやAnt+っていうのは、統一規格の名前ですね。

 

コンピュータやセンサーだけ交換しても、同じ規格の電波方式のものなら使えるというわけです。

違うメーカーのコンピュータとセンサーでも、同じ電波の規格のものなら使えるわけです。

例えばですが、5年前に買ったA社のAnt+対応コンピュータ今日買ったB社のAnt+対応の心拍センサーを使うということが出来るわけです。

電波さえ同じなら買う時期も、メーカーも気にしなくても大丈夫というわけです。

 

サイクルコンピュータやトレーニング用の心拍センサーでは、

昔はAnt+規格が多かったのですが、

近年、スマートフォンもどんどん進化しまして、

スマートフォンとも連動できると便利だね!」

ということでスマホ対応のBluetooth Smart規格の製品も増えてきました。

 

余談ですが、一昔前までのBluetoothは消費電力が激しくて使えなかったのですが、

Bluetooth 4以降の Bluetooth Smartという規格から消費電力も少なくなり、

自転車などのセンサーにも使えるようになったとのことです。

時代の進歩ですね。

 

20374522_454753868255720_8563438458610553623_n

電波の統一規格がうれしいアイテムの代表が心拍計。

ジョギングでRuntasticなどのスマホアプリを使っている方もいるでしょう。

スマホと連動して、心拍をグラフで見られるのはとても素敵です。

 

もちろん、自転車に乗るときはサイクルコンピュータに表示すればOKです。

「最初は速度とケイデンスだけだったけど、心拍も取りたくなった」

と後から思っても大丈夫なわけです。

 

1209

低価格帯のコンピュータにはAnt+やBluetoothなどの表記がないものも。

このタイプのものは、そのコンピュータ専用の速度センサーが一緒に入っています

基本的に、一緒に入っているコンピュータとセンサーをセットで使うだけです。

後からケイデンスや心拍、パワーなどを追加で使うことは不可能です。

センサーだけ壊れたり、コンピュータだけ壊れてもセットでダメになるわけです。

不便なわけです。

 

ただ、お値段はお手頃です。

初めてのサイクルコンピュータでとりあえず速度だけ見たいという場合は、

このモデルがコンピュータとセンサーセットで5000円程度と価格がお手頃です。

 

ただ、何だかんだと後からケイデンスが測りたくなったり、

スマホと連動させてみたくなったりすることが多いので、

最初からBluetooth Smart対応のものを買っておくと何かと間違いないですね。

 

26815447_454753871589053_6637093637502925371_n

最近はコンピュータも実にいろいろな種類がありますが、

センサーとコンピュータの電波方式が同じものを選べば使用可能です。

 

現在、すでにコンピュータやセンサーを使っていて追加で何か買いたいときには、

ご自身のコンピュータの電波規格をチェックしておけば安心です。

 

これから買おうという人は、Bluetooth Smart搭載のものが最先端ですので、

Bluetooth Smat搭載かどうかをチェックすると良いですね。

スマホと連動できますから。

どのルートを走っているときにどのくらいの速度でケイデンスはいくつだったかなど、

走った後の楽しみが増えます。

もちろんBluetooth SmartとAnt+両方対応のものがベストです。

 

最初はセンサーだけ買って、スマホのアプリを使ってコンピュータ代わりにするというのも最近の流行りですね。

詳しいことは店頭にてお気軽にご相談下さい。

 

そんな感じの高崎店でした。


WHY POWER KIDS

ALL YOU NEED IS BIKE.
「自転車と共にドキドキの人生を」

自転車には、その人の価値観を大きく変えるほどの力があります。
あなた史上最高のスポーツバイクライフを。
POWER KIDSは商品だけでなく、「ドキドキの人生」をご提供致します。

  • 「最高のご満足」を提供します。

    商品の先にある素晴らしい経験をご提供するために、スタッフ一人ひとりが尽力しています。
    試乗プログラムなど、実際に十分試してからご購入いただけるサービスもご用意しています。
    豊富な知識と経験を持つわたしたちに、何でもご相談ください。

  • 「120%チューニング™」にこだわります。

    POWER KIDSが販売する自転車は、ある意味、最初からフルカスタマイズと言っても過言ではありません。
    7割方組んだ状態の自転車を全て分解し、設計者の意図を汲んだ調整を行なって、また一から組み上げます。
    コストはかかりますが、これが本来のあるべき姿と考えます。

  • 「自転車の喜び」を共有します。

    様々な楽しみ方と喜びがスポーツ自転車には尽きることなくあります。
    わたしたちはその喜びをお客様と共有するため、各店舗で様々なイベントを開催しています。
    ぜひわたしたちと共に、スポーツ自転車を楽しみましょう。

  • 「アフターケア」は万全です。

    POWER KIDSは「売るだけ」ではありません。
    各種点検や、メンテナンスメニュー、様々なサービスをご用意し、お客様のサイクルライフを生涯支えていきます。
    トラブルなども、安心してわたしたちにお任せ下さい。 快適・安全なサイクルライフをご提供します。

  • サポートも充実しています。

    POWER KIDSでは「完成車・フレームセット」をご購入のお客様を対象に、ご納車時の各種レクチャーや、永続的な工賃割引など、各種サポート体制をご用意しております。
    スポーツ自転車をこれから始めるお客様も安心してサイクルライフをお楽しみただけるよう、全力でサポートいたします。