文字サイズ

  • S
  • M
  • L

足元の防寒も大切なんです。

2015.10.29 Thu

 

こんにちは、つかさです。

前回までにご紹介しました、防寒グッズ。

グローブやインナーの他にも、必要な部分があります。

それが、足元、つま先、つまりシューズまわりです。

 

DSCN1086

当店では、オススメ商品として、MAVICで三つのモデルを展示販売しています。

 

先ずは、写真中央から。

MAVIC AKSIUM H2O SHOE COVER ¥5,670-(税込)

MAVICは防水や、雨天時用モデルにH2Oと銘を打ちます。

 

こちらの商品はネオプレーン製の生地に、防水加工や止水ジップを取り付けたモデル。

 

DSCN1091

 

走行時に雨がシューズの中に侵入してぐちゃぐちゃになるのを防いでくれます。

僕も先日のサイクリングフェスティバルには、レインシューズカバーを使いましたが

走ってる間も、快適です、脱いでみても中は濡れてなくて、素晴らしい効果を体感出来ました。

 

続きまして、温度別に紹介です。

氷点下にならない場合にオススメの商品がこちら。

 

MAVIC KSYRIUM THERMO SHOE COVER ¥7,560-(税込)

 

DSCN1092

 

厚くなりすぎない裏起毛の生地で、表面は防風性能があります。

 

DSCN1093

 

くぱぁ、と、足首のところが開きます。

これはシューズのラチェット部分に手が届くように、ですね。

シューズカバーはほとんどのモデルが、全て覆い尽くすように出来ていて、

一度履いてしまうと、シューズを締めなおすことが出来ないのです。

 

MAVICのこちらのモデルはその不便も解消されるよう工夫されています。

 

そして、最後に、氷点下でも走ります、という意志の強いアナタへ送るモデル。

MAVIC KSYRIUM THERMO+ SHOE COVER ¥10,800-(税込)

 

DSCN1094

 

中綿構造の、きわめて保温性能の高いこのモデル。朝、キンキンに冷えていて、

氷が張るような季節でも、これなら大丈夫!そして、こちらのモデルには大きな特徴が。

 

DSCN1095

 

御開帳やッ!!(鳴○風)

バーンと、開くこの構造!よくあるシューズカバー、履くときにすごく窮屈で、苦労しませんか?

あまり伸縮しな素材なのに、超ぴったりに作られていて、履くまでに引っ張って破いてしまそう。

カバーをお使いのみなさまはそんな経験があるのではないでしょうか・・・?

 

MAVICのこちらのモデルでしたら、そんな苦労や心配は一切ご無用。安心して装着出来ますね。

 

季節に合わせて、必要な装備は変わってきます。

また、全てのモデル、何故フラッシュを焚いて撮っているのかというと

ロゴや、後部のシルバーの部分が、反射素材となっているのをわかりやすくする為なのです。

シューズカバーが必要な時期は日が短く、あっという間に日没を迎えてしまうので

こういった細かい部分の工夫がとてもありがたいです。

路上では目立たないと、事故の危険性が一気にあがりますので、大事なコトですね。

 

今の時期、これからの時期、走るにはどうしたらいいだろう。

と、お悩みのお客様は、是非お気軽にご相談にご来店ください。

お話しを伺ながら、ベストなモノをご提案させて頂きます。

 

では、次回は、冬用グローブについてもご紹介しますので、お楽しみに!!